発表の場

毎年2月の最終土日は「デザイン百覧会」。今年2月21日(金)~23日(日)は“FH2020”としてチーム参加、大きな作品に挑戦することができました。今お稽古に来てくださっている方6名とのチームは、一緒に飛岡先生に師事してきた長いお付きあいの方から初めて合作に参加する方まで様々…しかし、どの1人が欠けてもうまく運ばなかったと感じています。お世話になりました。有難うございました!

大きな枝はアオギリ。カラー、アンスリウム、ブプレリウムをあわせて。写真では見えにくいですが、大小様々な透明アクリルケースを土台やアクセントに使っています。チームで取り組むといろんなアイディアが生まれて、新たな発見があるのもうれしいのです♪

アンスリウムは、はなどんやアソシエ(オンラインショップ)で調達。XLサイズのものは当初注文した種類の出荷がなく代わりのものとしてご提案・手配いただけたもの。むしろこちらがよかったです!ありがとうございました。赤の“シンギター”という種類は初めての出逢い。植物って本当に不思議がいっぱいです。

振り返ると2020年のデザイン百覧会は、ギリギリのところで開催できたように思います。新型コロナウィルス感染拡大防止のために、既に多くのイベントが中止になっています。無事に開催し終了できたことに安堵と感謝の気持ちでいっぱいです。そして一日も早くこのウイルスの甚大な影響がおさまり、何の不安もなく開催できるようになることを願うばかりです。