清々しい

清々しい

水仙のお生花を敬遠する方は多い。生ける機会は1年に何回もない。

“袴”を脱がせて整えて、また着せようなどと誰が考えたのか。
でも、簡単に着せられるゆるゆる袴は締まりがなく、絶対入らない!と泣きたくなるようなキツキツ袴に収まると、誇らしくなるほど美しい姿になる。

どんな難儀も、この清々しい香りに救われる。