とことん

とことん

生けていた桜が満開を十二分に過ぎて散る。楽しませてくれたことに感謝しつつ片付けていたところ、枝の肌がきれいでおもしろい。積み重ねて構築して、バラと合わせてみました。花留めも兼ねて、剣山などは使わずに。