tau_kkr のすべての投稿

山形屋玄関の花を

初日(南日本新聞より)

思いがけず山形屋玄関のお花を生ける機会を、初めていただきました。3月25日(水)から3月31日(火)17時半まで展示です。何かと外出を控えていらっしゃるところかもしれませんが、もしもお近くへお出かけのときにはご覧いただけると幸いです。

タイトル「門出」はスイートピーの花言葉の一つ。大学を卒業するときに大叔母でもある恩師飛岡先生から、スイートピーだけの花束をもらってびっくりしてしっかり覚えた花言葉。3月の終わりに生ける機会をいただくことになったとき、頭に思い浮かんだのはスイートピーでした。アオギリで構成して、サルナシ、アンスリウム、クッカバラをあわせて。

3月28日

おうちでお花見

生けていた桜が咲き始めました。花開いたことに気づいたときの高揚感♪幸せな気持ちになります。

茶道や華道、書道など“道”のつくものは、ストレスの緩和に効く(マインドフルネス)と言われています。生けるときの無になる感覚がマインドフルネスの瞑想と同様であるそうです。ふーっと集中していく感覚が確かにあります。

そして、植物に触れる、部屋にお花がある、生きていることに気づくことはストレスの軽減につながっていると実感することが日常で度々あります。ストレスの軽減は免疫力UPに役立つと言われるそうです。ちょっと気持ちが上がらないとき、お花を飾ってみませんか?

様々な式典やイベントが縮小や中止となるこの春、お花の需要が落ち込んでいます。立派なお花がびっくりするようなお値段になっていたりします。この機会にぜひお花屋さんを覗いてみてください。

発表の場

毎年2月の最終土日は「デザイン百覧会」。今年2月21日(金)~23日(日)は“FH2020”としてチーム参加、大きな作品に挑戦することができました。今お稽古に来てくださっている方6名とのチームは、一緒に飛岡先生に師事してきた長いお付きあいの方から初めて合作に参加する方まで様々…しかし、どの1人が欠けてもうまく運ばなかったと感じています。お世話になりました。有難うございました!

大きな枝はアオギリ。カラー、アンスリウム、ブプレリウムをあわせて。写真では見えにくいですが、大小様々な透明アクリルケースを土台やアクセントに使っています。チームで取り組むといろんなアイディアが生まれて、新たな発見があるのもうれしいのです♪

続きを読む 発表の場

おばけ

今日のお稽古花材と同じものを生けようと思っていたのですが、アンスリウムの数が足りないということでわたしだけ“おばけアンス”1本ということになりました。

このアンスリウムのかたちが願ってもないほど素晴らしくて、1本でもぴたりと決まりました♪皆さんにはピンクのアンスリウム2本、クッカバラ3本、この時季しかないミモザアカシアは新鮮で輝くような美しさでした。これだと思う花材をお稽古で使えると本当に有り難くうれしいです。

麒麟がくる

2020年1月の自由配材お稽古テーマは「麒麟がくる」。まだまだ始まったばかりですが、わたしは第1回放送の印象を表現してみました。

鮮やかな衣装の色や物語の始まりに隠れる不穏な気配みたいな感じ…。ゼンマイに鮮やかなバラをあわせて。“松”を少し入れたのは「戦国時代」っぽいかなと考えて!

お稽古初め

ホテル福丸様にて

先週土曜日、今週木曜と教室でのお稽古初めで、今日はホテル福丸様でのレッスン初めでした。今年もゼンマイで初められてうれしいです!
チューリップと菜の花やラッパ水仙とスイトピーの組み合わせて、春がやってきました。

ホテル福丸様では当日入荷したラッパ水仙を使うことができました。鮮やかな黄色とスイトピーのピンクには元気をもらえます。できるだけ長生きして皆さんに楽しんでいただけますように!

初め

1月6日鹿児島信用金庫様受付

いよいよ新年、稼働!
生け込みから始まりました。1/6から花市場が始まるということで、年始式の花など基本的に年末に調達となりいろいろ心配しましたが無事に生けることができました。生きものを扱う=いけばな、今年も命を扱うことを心して向きあっていきたいと思います。

新年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

お正月花稽古

最近は根引松が人気!

おかげさまでお正月花のお稽古も無事に終わりました。12月は、お稽古しながら皆さんと今年をふりかえる時間になるように思います。

心を込めたお花を飾って、新しい年神さまをお迎えします。皆様きっといいお正月を迎えられることと思います。

お正月花のいけばな体験にもたくさんご参加いただきました。毎年楽しみにしてくださる方もいらっしゃいます。ありがとうございます。
今年も一年、皆様と楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました!

いけばな体験の皆さまの作品。


続きを読む お正月花稽古

万年青

家でももちろん生けましたが、今日はホテル福丸さまへお邪魔して、万年青を生けさせていただきました。縁起のよい花でとても長持ちするので、ずっときれいにしていてくれますように。

いろいろとルールがある花は難しくもありますが、永く伝えられてきた型には先人の目が極めてきた美しさがあると感じます。その植物の特徴、出生をとらえ研ぎ清まされた型でありながら、同じものは全くない生きものであるからこそ目の前の素材と向きあってここにしかない美を見出だして、今ここの姿をつくり出します。