tau_kkr のすべての投稿

お稽古初め

ホテル福丸様にて

先週土曜日、今週木曜と教室でのお稽古初めで、今日はホテル福丸様でのレッスン初めでした。今年もゼンマイで初められてうれしいです!
チューリップと菜の花やラッパ水仙とスイトピーの組み合わせて、春がやってきました。

ホテル福丸様では当日入荷したラッパ水仙を使うことができました。鮮やかな黄色とスイトピーのピンクには元気をもらえます。できるだけ長生きして皆さんに楽しんでいただけますように!

初め

1月6日鹿児島信用金庫様受付

いよいよ新年、稼働!
生け込みから始まりました。1/6から花市場が始まるということで、年始式の花など基本的に年末に調達となりいろいろ心配しましたが無事に生けることができました。生きものを扱う=いけばな、今年も命を扱うことを心して向きあっていきたいと思います。

新年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

お正月花稽古

最近は根引松が人気!

おかげさまでお正月花のお稽古も無事に終わりました。12月は、お稽古しながら皆さんと今年をふりかえる時間になるように思います。

心を込めたお花を飾って、新しい年神さまをお迎えします。皆様きっといいお正月を迎えられることと思います。

お正月花のいけばな体験にもたくさんご参加いただきました。毎年楽しみにしてくださる方もいらっしゃいます。ありがとうございます。
今年も一年、皆様と楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました!

いけばな体験の皆さまの作品。


続きを読む お正月花稽古

万年青

家でももちろん生けましたが、今日はホテル福丸さまへお邪魔して、万年青を生けさせていただきました。縁起のよい花でとても長持ちするので、ずっときれいにしていてくれますように。

いろいろとルールがある花は難しくもありますが、永く伝えられてきた型には先人の目が極めてきた美しさがあると感じます。その植物の特徴、出生をとらえ研ぎ清まされた型でありながら、同じものは全くない生きものであるからこそ目の前の素材と向きあってここにしかない美を見出だして、今ここの姿をつくり出します。

締めくくりのはじまり

毎月最終週のお稽古は、てーまにあわせて自分で花材を調達する「自由配材」お稽古。11月は一年の締めくくりでテーマは『わたしのはな』です。

わたしはニシキギにテッポウユリ、アンスリウムをあわせて。今年の自分の気持ちとしては“シンプルに”だったので(最近ちょっと忘れていた感)数少なめに。

風船唐綿とちらり紅葉したカシワバアジサイはお庭から。カーネーション、バーゼリアをあわせて。真っ赤な絵はコーヒーカップが描かれてます。冬になると掛けたくなる…足立朱麻さんの絵。

白シダ(脱色)に菊、ストレリチアをあわせて。祝意や高貴さを真っ白な羽のようなシダに託しました。

10月最終週の(テーマにあわせて自分で花材を持参する)自由配材お稽古テーマ「即位の礼」では、皆さんのおはなに主役脇役和風洋風いろいろな菊が登場しました。

今が盛りの菊、生けていて美しい上に格段に長持ちします。
月が明けて最初の花にも菊を入れることにしました。赤みを帯びた芽がきれいな枝柳、バーゼリアをあわせてすっきりと。

美しいツルウメモドキでした。艶ある朱い実はこの時季ならでは。うれしくなります。週に一度生け込みに伺う金融機関受付のお花。こちらではお花屋さんが花材を組まれたものを、当日朝はじめて見てすぐに生けます。

自分で花材を選ぶなら、これは今は避けたいものが組み合わせられていることもありますが、そこをその場で考えて工夫していくのもまた楽しみです。

続きを読む

回顧

風船唐綿、ガーベラとヘリクリサムを自分で作った花器に。試験管と紙でできている。この花器を作るのを教えてくださった方が亡くなり、いろいろ振り返り思い出すことが多いこの頃。

たくさんのことを教わって、たくさんの導きをいただいて、たくさんの出会いをいただいた。
その場での気づきもあったし、今ごろになって気づくこともある。まだ聞きたいこともあった…お話ししたいことがあったけど。いろいろを思い起こしながら。

続きを読む 回顧

繊細な模様

花屋さんにアケボノソウが出ていました。お野菜と同様にお花も季節感が失われつつあります。季節を感じる、今しかないお花を目にできるのはとてもうれしく、幸せです。

直径1cm程度の小さな花がたくさん付きますが、間近で見るとこんなに繊細な模様があります。何度見ても飽きません。

続きを読む 繊細な模様