カテゴリー別アーカイブ: その他のお知らせ

6月3日(土)公開「花戦さ」


信長や秀吉の時代に生きた、初代池坊専好を主人公に〝前田邸の大砂物〟のことをはじめ事実を集めて編まれたフィクション「花いくさ」。原作者の鬼塚忠さんは鹿児島市出身の方。専好を演じるのは野村萬斎さんでその他のキャストもスゴイ。興味と親しみのわくポイントたくさん♪
いよいよ公開が迫ってきました映画「花戦さ」。今日は試写会へ行ってきました。おもしろく命ある花美しく…たくさんの方に観ていただけるとうれしいと思います。

続きを読む 6月3日(土)公開「花戦さ」

デザイン百覧会2017

毎年2月末の金土日「デザイン百覧会」に今年も参加します。24~26日10~18時(最終日17時まで)かごしま県民交流センターにて。終日ほぼ会場に居ますので、お時間あるときは遊びにいらしてください。

今年はいつもの“畳一畳ブース”でなく、2F会場外のロビーに6人コラボレーション「Design Avenue」を…広く使うので、壁に掛けるスタイルのお花を含めていけばな5作品生けています。

▼くわしくは主催団体「NPO鹿児島デザイン協会」ホームページをご覧ください。

http://news.kagoshimada.com/?eid=23

華道家元池坊巡回講座2016

本日は鹿児島市中央公民館にて、龍徹先生をお迎えして開催中の池坊巡回講座2016「学ぶ力教える力」鹿児島支部主催の裏方をがんばっています。

ステージのスクリーンに映し出す、DVDの映像を出力する係・・・右手でパソコンを操作しつつ、左手でスクリーンへの映像を出したり止めたりのスイッチ操作・・・大緊張です!

2016.2.26(金)→28(日)デザイン百覧会

image

鹿児島市のかごしま県民交流センターにて「デザイン百覧会」に出展します。
本日は搬入日。写真は準備中のバケツ内の椿のつぼみ。どんな花が開くでしょう?
ちょっと珍しい椿を生けています♪お時間ある方、お近くへお出かけのときには足をお運びいただけると嬉しいです。多彩なブース、にぎやかなイベントです!

川野恭和作陶展 DM

image

本日から11月12日(木)まで、White Gallery(鹿児島市下竜尾町)にて川野恭和さんの作陶展が開催されます。
ご縁があってDMの写真のため、作品の花器にお花を生けさせていただきました!キャプションまで入れていただき恐縮・・・しかし、自分の名前があるのを目にして感激!!!です。
川野さんの器は真っ白なものが多く、しのぎや面取りなどでデザインされたシンプルな器です。「絶対割れない」と表現される方もいて、強固で長持ちすることは間違いなし。私もこれまで割れたことはありません♪ 続きを読む 川野恭和作陶展 DM

ありがとうございました。

8/1・2のいけばな展「わたくしのすきなはな」を終え、いよいよ平之町のお稽古場を閉じることになりました。移転して下荒田2丁目でのお稽古再開は10月を予定しております。
8月末に池坊鹿児島支部の昇進考査を控えている方々のみ、8月中は下荒田にてお稽古いたします。

2015年8月20日よりお電話番号が変わります。ご注意ください。

  • 新電話番号
    099-202-0430(8/20より)

いけばな展 わたくしのすきなはな -飛岡文江先生を偲んで-

「マナーアップキャンペーン」へ協力参加!

「マナーアップキャンペーン」へ協力参加!

池坊鹿児島支部青年部は、鹿児島市生涯学習プラザ・男女共同参画センター(鹿児島市荒田)「サンエールかごしま」のマナーアップキャンペーンに参加協力して、7月27日・28日の2日間、館内にいけばなの展示をしています。
今年は、お稽古に来てくださる方から3名が参加しました♪ この他、数名の作品が展示されています。

お近くの方、お立ち寄りになる予定の方は、ちょっと足をとめてご覧いただければ幸いです。

続きを読む 「マナーアップキャンペーン」へ協力参加!

THINK PINK 2013

DSC06371.jpg

ご縁があって、城山観光ホテルロイヤルガーデンにて開催されたパーティーの、ステージにお花を生ける機会がありました。
お稽古に来てくださっている皆さんとともに総勢10名で取り組みました。明日は七夕…竹を用いて、涼しくガラスの器にヒマワリとオンシジューム、アンスリウムをあわせました。

親子でかんたん*初夏のいけばな体験

20130518sunheart.jpg
今日は、鹿児島市勤労女性センターにて「簡単!親子でかわいい初夏のいけばな体験」の講座を担当させていただきました。
小学校1年生~6年生のお子さんとお母様たち、3組の親子の方々と楽しい時間を過ごすことができました。
ペットボトルの器にオアシスを入れ、包装紙やマスキングテープでデコレーションして花器にします。
お花屋さんの花材のほか、玉シダやヤツデの新葉など庭の葉っぱを使って、お子さんの作品とお母様の作品のコラボレーション♪
器にもお花にも、アイディアいっぱいで素敵な作品たちができあがりました。
お掃除だけでなく私が持ち込んだ道具や花材のお片付けまで、お手伝いをいただいて感謝いっぱい。みなさま、ありがとうございました!

Page 1 of 212