「きょうの花」カテゴリーアーカイブ

逆光ですが

桜とアイリスにゼンマイをあわせて、アクアガーデンホテル福丸様「生粋」のみなと大通り公園に面した窓辺に生けました。

今週のお生花お稽古花材が、桜とアイリスの正風体二種生けでした。早くも?!と思い、使うかちょっと悩みましたが、お花屋さんによると年末から出回っているそうです。生けあがると華やかに美しく皆さんにも好評でした。

お生花はこんな感じに。

もう少し枝を落とした方がいいなと反省しつつ、元気な蕾がもったいなくてなかなかハサミを入れられないことも多いです。

鹿児島県表具内装組合連合会様講習会

ご縁があって、先日鹿児島県表具内装組合連合会様講習会で講師をつとめました。表具のお仕事には茶道や華道とのかかわりが深く、心得があることは大切なこととかなり前からお話をいただき、1年半ほど前には日程が決まっていた講習会。お正月明けは比較的お時間に余裕がある時期なのだそうです。
新型コロナウイルス感染防止対策に万全を期しての実施となり、参加いただけるものか心配していましたが、おかげさまで皆さんと楽しく「お茶会でのお茶のいただき方」「いけばなの見方・考え方」学ぶ一日となりました。

鹿児島県表具内装組合連合会様講習会
皆さんの集まった力!(ごく一部です…)
 

続きを読む 鹿児島県表具内装組合連合会様講習会

はじめ

生け込みに伺う会社の年始会に

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

仕事はじめとなりました。あまりお正月らしさを感じないまま、お正月を迎えました。皆様健やかに心穏やかな一年となりますようお祈り申し上げます。

続きを読む はじめ

見える

今週末からお正月花稽古!

先週末は用件があり姶良方面へ足を運びました。帰りに和紙ギャラリー(蒲生町)へ「鹿児島のガラス作家6人展」、初めての冬の開催を拝見してきました。新型コロナウイルスの影響で恒例春夏の開催がかなわなかった…でもとても魅力的な“冬のガラス”たちが並んで素敵な展示になっていました!

赤い突起の輝く“ショットグラス”(森永豊さん)を連れて帰ってきました。私には花器に見える…というわけで、グロリオサを入れて小さなクリスマスを。

過ぎゆく

ほんのりクリスマス

師走も既に3分の2を過ぎていこうとしています。今年は何をしたという実感も乏しいまま、あっという間に過ぎ去っていこうとしています。街中を歩くことも少なく、クリスマスの訪れもどこか遠く感じます。

そんな中、先週のお稽古花材はクリスマスイメージで赤いグロリオサに白シダ(乾燥脱色)をあわせました。いけばなではもちろんお花そのものの季節も大切に考えますが、季節の行事にあわせて花を選んで生ける楽しみもあります。

写真は毎週生け込みに伺う鹿児島信用金庫様の今週のお花、花屋さんの組んだ花材を生けますが、枝ものはヒイラギでクリスマスのイメージが上がります。白シダと真っ赤なヒペリカムで仕上げてみました。

気づき

赤が濃い。

いけばなは生きものなので枯れたり傷んだりしてきたら片づけます。生けるときは全体のバランスを考えて落とす枝葉や花もあります。主役にはなれないけどまだまだ元気な枝や花を、ちょこちょこ集めて小さな器に入れて飾ります。

窓辺で目を楽しませてくれて、主役よりうんと長生きしたり蕾が花開いたり時に実を結ぶまで頑張ってくれたり…いろいろ驚きを届けてくれます♪今回はマユミの実、いつの間にかはじけていました!庭にあってもなかなかはじけるところを見られず、生けるときははじける前のほんのりピンク色のものを使うので、顔を出した濃い赤の実はちょっと珍しくうれしく感じます。もうしばらくこのままで楽しみたいと思います。

ムラサキシキブ

手のひらサイズ。

自然にこんな美しい紫色ができるんだなあ!という驚きと、“ムラサキシキブ”と名付けた人への敬意と驚き…何度出会っても感じます。
真っ白なカスミソウとあわせて遊んでみました。

生け込みに伺う会社の応接室に。

味のある糸菊にあわせて生花新風体に。

生け込みに伺う会社の受付に

風船唐綿にグリーントリュフ、小菊やリンドウをあわせて。

いま菊が美しく、とても長持ちします。花屋さんでは季節感が年々失われつつありますが、やはり旬が一番。季を知るのか一番輝くようです。

応接室には大きな糸菊、キイチゴとサンゴミズキを。

紅葉

キイチゴの紅葉

「ちょっと高いよ」と花屋さんに言われましたが、使いたくなりました。美しく色づいたキイチゴ。緑、赤、朱、黄…グラデーションの美しさがに息をのむほど。まず紅葉に感嘆、次に猿梨に「何ですか?」「お庭にキウィあるんですか?」と、お稽古にいらっしゃる皆さんにも好評でしたー。

鮮やかな夕陽のような色

かたち

いけばなは、生きているその瞬間だけのもので残りません。写真や動画は撮れますが、実物を観ることにはとても及びません。人間の感覚に代わるものは無い、立体や“動き”を映像で伝えることは本当に難しいと感じます。

実体が残らないのは良い面もあって、残らないからこそ常にベストを目指し新たな挑戦を試みることができ、いくつ作品をつくっても消えていく~場所をとらない(*^_^*)!

10月 ホトトギス サンザシ


続きを読む かたち

Page 1 of 52123Next ›Last »