月別アーカイブ: 2018年9月

一枝に

花屋さんに立派なツルウメモドキがあって、毎週生け込みに伺う会社の応接室のお花に使わせていただきました。菊とリンドウをあわせて。

一枝で3分割できて大きな力に。この太さであれば、どのくらいかけて生きてきたのか…大事に大事に生かしたいと思います。

まる

9月の自由配材お稽古テーマは「まる」。昨年は確か〝月〟にしたような気がして…ちょっとずらしてみました。

お生花お稽古でたくさん…余剰が…フランス柳をくるくる丸めてみました。丸々まるっとした栗と弧を描くカラー、ヒペリカムをあわせて。

いまこのときに

今年の異常な暑さではどうなることかと思っていましたが、変わらずに咲くときを知っていました。先週、つぼみに気づきハッとして、あっという間にあちこちにヒガンバナが咲いています。

白に淡いピンクが輝くヒガンバナを、ほんのり赤みを帯びたふわふわなススキの穂と栗、ピンクッションとあわせて。

名前

毎度、この名を付けた人の感性に感服する。美しい〝紫式部〟。

我が家の庭から、今年も秋の訪れを告げてくれます。お相手は小さな白い花の集まり…ニラを。花は香りませんが、切り口は激しく匂いますー。