ムラサキシキブ

手のひらサイズ。

自然にこんな美しい紫色ができるんだなあ!という驚きと、“ムラサキシキブ”と名付けた人への敬意と驚き…何度出会っても感じます。
真っ白なカスミソウとあわせて遊んでみました。

生け込みに伺う会社の応接室に。

味のある糸菊にあわせて生花新風体に。

生け込みに伺う会社の受付に

風船唐綿にグリーントリュフ、小菊やリンドウをあわせて。

いま菊が美しく、とても長持ちします。花屋さんでは季節感が年々失われつつありますが、やはり旬が一番。季を知るのか一番輝くようです。

応接室には大きな糸菊、キイチゴとサンゴミズキを。

紅葉

キイチゴの紅葉

「ちょっと高いよ」と花屋さんに言われましたが、使いたくなりました。美しく色づいたキイチゴ。緑、赤、朱、黄…グラデーションの美しさがに息をのむほど。まず紅葉に感嘆、次に猿梨に「何ですか?」「お庭にキウィあるんですか?」と、お稽古にいらっしゃる皆さんにも好評でしたー。

鮮やかな夕陽のような色