いけばな 川邉佳乃華道教室 鹿児島市

川邉 佳乃(かわなべ よしの) プロフィール

資格そのほか

華道家元池坊 準華督(引立教授者)

  • 1986年より 飛岡文江に師事
  • 池坊中央研修学院
    専門科A・専門科B・特別科・総合特別科 修了
    (2003年度 専門科A:たちばな賞受賞)
  • 2009年4月鹿児島市平之町(2015年8月鹿児島市下荒田へ移転)にて飛岡文江先生のお稽古場を引き継ぎ、本格的にお花の先生を始める

これまでの主な活動

  • 2004年度~2005年度
    鹿児島市勤労女性センター いけばな講師
  • 2007年度
    NPOこころのサポートアミ「花とのふれあい講座」講師
  • 2012年3月
    LOHASな休日(鹿児島市環境未来館)「親子で楽しむ春のいけばな教室」講師
  • 2013年2月・ 2014年2月
    かごしまデザインフェア「デザイン百覧会」ワークショップ講師
  • 2014年3月
    環境アートフェステイバル(鹿児島市環境未来館) 「初めての生け花にチャレンジ!」講師

その他。。。創作活動については、ブログなどでご報告します。

「いけばな」をはじめたのは

師である、故 飛岡文江は、私の祖母の妹にあたるひとで、「親戚にお花の先生がいるから」お花のお稽古を始めました。

いつの間にか10年、20年と経ち、始めたころには思いもしなかった京都の池坊中央研修学院で学ぶまでとなりました。

どうして続いたのか

「自由」でした。先生は、必ずいいところを見つけてくださったり、思いを認めてくださったり、決して否定されることがありませんでした。

先生が、ちょっと一つの花を動かしただけで、劇的に変わる「すごさ」に魅かれて、もっとやってみたいと感じるようになった気がします。

お花の先生になったのは

2009年4月から、本格的にお花の先生を始めることになりました。

自分がお花を学んできた中で感じたこと、教わったことを、一人でも多くの方に伝えることができたらと思っています。

このページの先頭へ